社会福祉法人住吉会の紹介

理事長の挨拶

昭和48年、法人の設立をもって住吉保育園を開設し、昭和53年、住吉第二保育園を開設して以来、地域の児童福祉に貢献すべく取り組んで参りました。平成25年に住吉保育園が小豆餅へ移転し、「すみよし保育園」となり、平成30年、住吉第二保育園が城北へ移転しました。
平成31年4月より両園ともに幼保連携型認定こども園となり「すみよし保育園」は、「小豆餅ゆすらうめこども園」に、「住吉第二保育園」は「上池さくらこども園」と改名し、地域の名前を園名に冠し、今まで以上に地域に根ざした施設を目指してまいります。

子どもひとり一人が自ら育とうとする成長を見守り、優しく丁寧に寄り添い、見守る保育を実践しています。

日本の伝承行事(端午の節句・豆まき/等)や季節のあそび(おすもう・こままわし/等)を大切に伝えながら子どもたちが主体的に自らのあそびに集中し、経験を積み重ねていけるよう見守り、援助していきます。
園児、保護者はもちろんのこと、地域の子育て家庭の子育ての一助となれますよう一層の努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

理事長 増谷 昌子

理念・保育目標・方針

法人理念

認定こども園法(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号))に基づき、子どもの健全な心身の発達を図り、生涯に渡る人格形成の基礎を培い、子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進する。また、地域における家庭援助を行う。

教育、保育理念

一人ひとりの育ちを保障し、個性を受け止め、育つ力を支える

教育、保育目標

子どもの力を信じ、主体性を育てる

保育方針

◯自己肯定感を持つ

日々の生活の中で信頼関係を育み、自分を大切にする心を育みます。

◯主体的に毎日を過ごす

一人ひとりの育ちを大切に、主体的に遊びながら心身ともに育つように援助します。

◯社会性を身につける

対話を通して、話す力・聞く力を身につけ、コミュニケーション能力を育みます。

保育信条

太陽のあたたかさを 水のやさしさを 土のぬくもりを 子どもたちに

要望・苦情への対応

社会福祉法人 住吉会では利用者の皆さまの「要望等」に的確に応え、よりよい保育園づくりを進めております。
お気づきのことがあればどんな小さなことでも結構ですので、積極的に保育園に対してご要望くださるようお願いいたします。

要望、苦情と対応、解決の公表

令和2年4月~令和3年4月 【16件】

小豆餅ゆすらうめこども園 10件
上池さくらこども園 6件
対応
内容
  • アルバイト(保育助手)の男性を見て、「クラス担当になることがあるのか。」との質問があり、報道などで、事件を目にするので心配である。とのことであった。
  • クラス担当の対応について、「2〜3週間前からあいさつや言葉がけがなく気になっている。」との相談、「対応を見直してほしい。」との要望があった。その日のうちに担任はじめ職員に伝え、今後このようなことが無いよう努めていくよう指導した。/他
結果
  • 家庭にはお父さん・お母さんがいる。保育士にも男性と女性がいます。職員の教育は、園の方でしっかりと行っていくが、保護者にも園での保育の様子を見に来ていただくことを勧め、理解を求めた。

※申出者の希望により内容を非公開とさせていただいているものがあります