社会福祉法人住吉会の紹介

理事長の挨拶

 小豆餅にある小豆餅ゆすらうめこども園と住吉にある上池さくらこども園と二つの幼保連携型認定こども園を有する社会福祉法人です。
昭和48年、法人の設立をもって住吉保育園(現小豆餅ゆすらうめこども園)を開設し、乳幼児保育の実践を充実させ、昭和53年、住吉第二保育園(現上池さくらこども園)を開設して以来、地域の児童福祉に貢献すべく取り組んで参りました。
 平成29年春より理事長を増谷昌子に交代しました。若輩ではございますが、前理事長の保育への思いを引き継ぎ精進してまいります。よろしくお願いいたします。
日々の保育は、保育所保育指針を基本とし、保育に関する専門性を高め、保育園と家庭そして地域の連携を図ってまいります。
 子どもをめぐる環境が、めまぐるしく変化している昨今、子どもたち一人ひとりの育ち・思いを大切にそれぞれの保育園の良さを発揮し、昔ながらの伝承行事(端午の節句・豆まき/等)や季節のあそび(おすもう・こままわし/等)を保育に取り入れ日々を楽しく過ごしていきます。
地域の保育園としてなお一層の努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

理事長 増谷 昌子

保育の理念・基本方針

保育の理念

社会福祉法人 住吉会の運営する保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。
なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める。また、家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

保育の基本方針

保育方針は、「保育所保育指針」に基づいて、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライパシーを保護することを第一義とする。また、常に児童の最善の幸福を願うために保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明をして、よりよい保育のために努力研鎖することを基本とする。

  • 【1】子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
  • 【2】子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
  • 【3】豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  • 【4】乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会責任を果たす。

保育信条

太陽のあたたかさを 水のやさしさを 土のぬくもりを 子どもたちに

要望・苦情への対応

社会福祉法人 住吉会では利用者の皆さまの「要望等」に的確に応え、よりよい保育園づくりを進めております。
お気づきのことがあればどんな小さなことでも結構ですので、積極的に保育園に対してご要望くださるようお願いいたします。

要望、苦情と対応、解決の公表

2019年4月現在

小豆餅ゆすらうめこども園 2件
上池さくらこども園 6件
対応
内容
  • こども園への移行について詳しく説明は有るのか。
  • 園西側の道路を渡る小学生がいた。左右確認なしで渡ったように見え、危険だと感じた。
  • 新園舎での生活が始まったが、遊具の整備をしてほしい。
  • 雨天時の対策をしてほしい。
  • 駐車場からの出庫の際、右折禁止になっているが右折する人がいる。
結果
  • ふれあい親子プロジェクトの際、今後の予定等紙面にて配布し、理解を求めた。
  • 小学校へ連絡を入れ、「交通指導」の徹底をお願いしたところ、教務主任からも快諾を得た。
  • 遊具の整備は計画をしているところである旨伝えた。
  • 6月中に整備をした。
  • ルールを守ってもらうように呼びかけた。

※申出者の希望により内容を非公開とさせていただいているものがあります